パンくず画像

トップページ > 特産品一覧 > 【仲間陶房】デミタスカップ(三彩)ペアセット詳細

ワンストップ特例申請2016年バージョン画像
読谷村公式サイトリンク画像
FMよみたんサイトリンク画像
ふるさとチョイスリンク画像
沖縄ふるさと納税応援サイト おきふる画像

読谷村Facebook


よみとんFacebook

読谷村ふるさと納税 特産品 詳細

読谷村ふるさと納税特産品 【仲間陶房】デミタスカップ(三彩)ペアセット画像

【仲間陶房】デミタスカップ(三彩)ペアセット

商品内容 口径:約6.5cm
高さ:約6.5cm

内容量:約130ml
提供元 仲間陶房
寄付金額 15,000円以上の寄付で貰える
取扱時期 通年
沖縄のやちむんの伝統的な「三彩(さんさい)」の絵付けを施したデミタスカップです。女性の両手で包み込めるような小ぶりなサイズ感が程よく、食後のコーヒーはもちろん、朝のお目覚めに飲むコーヒーや紅茶など、くつろぎの時間などによく合うアイテムとして好評です。



「三彩(さんさい)」は、白化粧を下地とした、オーグスー(緑の釉薬)と飴(茶色の釉薬)の点打ちが作り出す彩りです。沖縄の自然の色合いを現すような色彩は、オーソドックスな中にもモダンさが感じられるデザインです。


沖縄のやちむん(焼き物)は、沖縄が『琉球王朝』と呼ばれていた14世紀から16世紀のころ、中国や南方諸国の陶磁器が輸入されたのをきっかけに発祥し、600年もの歴史があると言われています。
小さな小さな『琉球』という王国から、帆を立て、くり船を漕ぎ、大航海を生き抜いた、逞(たくま)しく、大らかな沖縄の先人達。そこに生まれた、逞しく大らかな『やちむん』。
仲間陶房では、そんな沖縄のやちむんの伝統の技、そして、新しい技術も、ともに活かしながら、現代でもなじめるようなモノづくりを目指して作品作りを行っています。是非、日常使いとしてお使い下さい。


【仲間陶房】仲間 功(なかま いさお)


1972年生まれ。読谷村出身。
高校2年の時、学校に「陶芸部」を作り、部長に就任。
卒業後は、読谷村在住の陶芸家でペルー3世の糸数ホルヘ氏の元で5年間の修行を積む。
その後、陶芸家・山田真萬氏の元で腕を磨く。
2001年(平成13年)独立。
2002年9月、現代沖縄陶芸展・自由作品の部、県知事賞(金賞)受賞。
21歳での受賞に続く2度目の受賞となる。


●1993年(平成5年)糸数ホルヘ氏に師事
●1999年(平成11年)山田真萬氏に師事
●2001年(平成13年)独立


【主な受賞歴】
●1993年(平成05年)/『現代沖縄陶芸展』:銅賞
●1994年(平成06年)/『現代沖縄陶芸展』:金賞
●1995年(平成07年)/「現代沖縄陶芸展」:奨励賞
●2002年(平成14年)/日本民芸館展:入選
●2002年(平成14年)/『現代沖縄陶芸展』:県知事賞(金賞)
●2003年(平成15年)/日本民芸館展:入選
●2003年(平成15年)/沖展:奨励賞
●2007年(平成19年)/「現代沖縄陶芸展」:奨励賞


《沖縄でしかできない仕事を》
仲間陶房・仲間功は、常に沖縄らしさを追求したいと考えています。土や釉薬(ゆうやく)などの材料は、できる限り沖縄の物を使用しています。
仲間陶房・仲間功は、伝統に自分らしい力強さを加え、皆様に元気になって頂けるような器をご提供していきたいと考えています。


やちむん(焼き物)はすべて、一つ一つ手作業でつくられるため、形や大きさ、発色などが多少異なる場合があります。また、絵付けも、作品の一つ一つが違った顔を持っていますが、それが世界に1つしかない個性にもなっています。

・電子レンジ→○
・オーブン→×
・食洗機→可ですが、オススメしません。

※工芸品は一つ一つ手作りのため、模様や大きさ、色、形が若干異なるものがあります。


※発送まで寄附受付より2ヶ月〜5ヶ月ほどお時間を頂く場合もございます。ご了承ください。


【地場産品基準について】
・読谷村で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

※寄付金として決済・入金されますので
 キャンセルや返金などのご要望には対応致しかねますので、ご留意ください。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。