パンくず画像

トップページ > 特産品一覧 > 読谷村産 薬草園沖縄ウスリファーム モリンガ茶ティパック×タブレット×パウダー 各3袋詳細

ワンストップ特例申請2016年バージョン画像
読谷村公式サイトリンク画像
FMよみたんサイトリンク画像
ふるさとチョイスリンク画像
沖縄ふるさと納税応援サイト おきふる画像

読谷村Facebook


よみとんFacebook

読谷村ふるさと納税 特産品 詳細

読谷村ふるさと納税特産品 読谷村産 薬草園沖縄ウスリファーム モリンガ茶ティパック×タブレット×パウダー 各3袋画像

読谷村産 薬草園沖縄ウスリファーム モリンガ茶ティパック×タブレット×パウダー 各3袋

商品内容 モリンガ茶 (30包)×3
モリンガタブレット(30g)×3
モリンガパウダー(50g)×3
提供元 薬草園 沖縄ウスリファーム
寄付金額 53,000円以上の寄付で貰える
取扱時期 通年
モリンガとは学名を「モリンガ・オレイフェラ」といい、和名は「ワサビノキ」でワサビの木科の植物です。
奇跡の植物、ミラクルツリーとも呼ばれるほど多くの栄養素を含み、近年注目を浴びる植物です。



紀元前2500年も前から食と健康を支えてきたと伝えられ、1年で約3メートルも成長する脅威の生命力を持つモリンガ。根、茎、葉、花、実、すべてにそれぞれに利用価値があるそうです。
また驚くべきはその栄養群。ビタミンやミネラル、必須アミノ酸、GABA、食物繊維、たんぱく質などをはじめとする、おおよそ90以上もの多く栄養素が豊富に含まれており、国連食糧農業機関も注目の植物なのです。


-薬草園沖縄ウスリファーム代表 新垣 修幸-


元農協読谷支店長で、元村議でもある新垣 修幸さん
モリンガを30年前から育てていましたが
当時は仕事が忙しく出荷を考えていなかった。

2018年、4期を務めた村議を引退したのをきっかけに
「健康長寿沖縄の復活を目指してモリンガを広めたい」
と取り組み、2019年6月から販売をスタート。

読谷村渡慶次の畑は約3千坪
家族の協力も得ながら1年に5~6回モリンガを収穫、乾燥まで一人で手掛けています。

ペットボトル入りのモリンガは県内初の試みとのことで
今後はモリンガを使った新たな商品開発にも挑戦していく。


モリンガ茶
【お召し上がり方】
普通のお茶と同じように急須にモリンガ茶ティーパックを
入れてお湯を注ぎ、3~5分抽出します。
夏はアイスで冬はホットで、夏はアイスでお好みで
お召し上がりください。


モリンガタブレット
【お召し上がり方】

1日5粒を目安に水などと一緒に飲んでください。
錠剤タイプは、飲みやすく持ち運びにも便利ですので、栄養補助食品として、朝や就寝前等、体調に合わせてご飲用ください。噛んでから飲むと栄養吸収率がよくなります。
モリンガに含まれる栄養素をくまなく摂取したい方は朝一番に。深い眠りをお求めの方、お通じを良くしたい方は就寝前に摂取していただくと効果的です。

モリンガパウダー
【お召し上がり方】
ヨーグルトにかけたり、牛乳に加え溶かしてお召し上がりください。
又、スムージーなどを作るときに入れてください。


※タブレットは約1か月分の目安です


【地場産品基準について】
・読谷村で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

※寄付金として決済・入金されますので
 キャンセルや返金などのご要望には対応致しかねますので、ご留意ください。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。